HTMLの原理、原則

ポイント

  • テキストや画像の内容をブラウザに表示させるための基本的なマークアップ言語
  • 見出し、段落など文書構造をマークアップし、リソース間のハイパーリンクを記述可
  • ヨウ素、属性、属性値などを記述した開始タグと終了タグと狩猟を示すタグとで挟む。
  • 発展段階でブラウザによる日互換性など問題もあったが、現在は、標準化された
  • デザインや見栄えに関する記述はスタイルシートに譲り、文書構造を示すものとして使う

HTMLはWWWで利用される文書のために開発された言語で、internet explorerなどのウェブブラウザで表示できる文書、いわゆるウェブページを開発するのに使用される最も基本的な技術である。現在ウェブ上にあるコンテンツのほとんどすべてがこのHTML言語に従って記述されている。

その特徴としてあげられるのはまずハイパーリンクという機能、通称「リンク」だ。HTMLのhypertextとはこのハイパーリンクのことで、この機能を使用することである情報を閲覧している際に別の情報にすぐ移動できる文書を作成することができる。複数の文書からなるコンテンツを実現するためには必須の機能と言えるだろう。またもう一つの特徴は、マークアップ言語であるということだ。HTMLのmarkup languageの部分であり、HTMLでは文書の構造やヨウ素を記述するためにこのマークアップという仕組みを取り入れている。一般に文書には見出し、段落、リッスト、タイトルなどの構成要素が存在するが、HTMLではこれらの要素の前後を開始宣言タグと終了宣言タグで囲むことで文書内のどこにどんな要素が登場するかをマークアップするし、その要素がどんな属性を持つかを合わせて定義し、文書全体の構造を記述する。

このHTML、かつては2大ブラウザと言われたnetscape navigator , internet exploreなdのウェブブラウザが共通仕様のHTMLを独自に拡張してしまったために一時は互換性が失われてしまったこともあった。つまり、各ブラウザで同じような文書を表示させるためにはそれぞれのブラウザごとに別々にHTMLを用意しなければならなくなってしまったのだ。

しかし、大幅に利便性が失われることを危惧したマイクロソフトさなどのウェブ技術関連企業は1994年に設立されたW3Cという団体に参加し、ここで策定される共通仕様を標準として各ブラウザに採用するようになり、現在に至っている。

また、W3Cから公開されている最新のHTML4.01ではそれまで文書の見栄えについての記述までになっていたHTMLが単純に文書構造についての記述のみを切り出したものとなり、見栄えについてはスタイルシートという技術でベット定義するようになっている。このバージョン4.01が現在ウェブ上最も多く採用されている、事実上標準のHTMLのバージョンとなっており、コーディングは基本的にこのHTML4.01に準拠して行わなければならない。

【おすすめ】WEB制作のことなら東京のホームページ作成会社、アドマノ株式会社まで